本当に痛くない?産む時どんな感じ?とにかく痛みに弱い私の【無痛分娩】出産レポ

妊娠記録

初産、無痛分娩で産みました!

私は、初めての出産で無痛分娩を選びました。

というのも私は、注射で気分が悪くなることも少なくないほど、痛みにとにかく弱いからです。

初産だと会陰切開する場合が多いと聞き、想像しただけで頭がフラフラ…という状況。

妊娠後期になれば痛みに耐える覚悟ができるかな?とも思いましたが、そう人は簡単には変われないものですねw。

まあ、そんなことも想定して産院を選んでいたので、結局無痛分娩を選択しました。

それに、すでに出産経験のある友人や家族に聞いても「死ぬほど痛いよ〜」というアドバイスしか聞けなかったのも、私が無痛分娩を選んだ大きな理由です。

私自身、全然“自然”とかにこだわるタイプじゃないので、『死ぬほど痛いことがわかっているのなら、わざわざ経験する必要あるのかな?』とも思ったし、『出産をそんなネガティブな言葉でしか語れない思い出にはしたくない!』という思いも無痛分娩への決断を後押ししました。

私がしてもらった無痛分娩の種類

私がしてもらった無痛分娩は、硬膜外麻酔というもの。

背中の2箇所にカテーテルを入れて、お腹と腰の、痛みだけを取り除くというものです。

硬膜外麻酔は無痛分娩だけじゃなく、帝王切開でも行われる、とっても一般的な麻酔だそうです。

陣痛→麻酔→出産までを詳細レポ

ではさっそく、私の出産をレポしたいと思います。

計画無痛分娩は行っていない病院だったので、当初の予定では【陣痛→麻酔→出産】となるはずだったのですが、予定日を過ぎても陣痛も破水もおしるしも全くない!w

結局、予定日超過で誘発分娩になったので、入院後すぐに麻酔のカテーテルだけを入れる処置をしてもらい、陣痛促進剤を入れることになりました。

麻酔用カテーテル挿入

で、肝心の麻酔処置ですが、背骨にカテーテルを入れる時にも局所麻酔をするので、麻酔のチクっという痛みがあっただけで、カテーテル挿入時は全く何も感じませんでした。

背中の2箇所にカテーテルを入れて、カテーテルがちゃんと正しい位置に入っているかを確かめるテスト麻酔を行い、その後テスト麻酔が切れたら陣痛がくるのをひたすら待ちました。

カテーテルを挿れてからテスト麻酔が終わるまでにかかった時間は30分〜1時間くらいだったと思います。

いよいよ陣痛!

促進剤を使っていたせいもあるのか、いきなり2分間隔の陣痛がきました!しかも夜中に!!

実は、「せっかくだから陣痛も体験してみたい」という欲もあって、陣痛が来てからちょっとの間は耐えてみたのですが…、結局2時間も持たずにムリ!となり、麻酔を入れてもらいました。

カテーテルに麻酔を入れた瞬間、嘘のようにさっきまでの激痛から解放されました!

この麻酔のさじ加減が絶妙で、痛みはゼロになるけど、張りもわかるし、皮膚の感触もしっかり残っているという不思議な感じなんです。

だから、一人で歩いてトイレも行けたし、きちんと用を足すこともできました。

その後、全く痛みを感じることもなかったので、ウトウトしながら朝を迎えました。(脳内がハイになっていたので、さすがに熟睡はできませんでしたが)

朝には家族に陣痛がきたことをLINEで伝え、朝ごはんもしっかり食べる余裕っぷりです。

後で聞いた話では、陣痛中は痛みで全く食事が喉を通らない人がほとんどみたい。しっかり食事をとって、その後の長丁場に備えられたのは大きかったです。

全く痛みを感じないまま、テレビを見て過ごしたりしているうちに、夕方には子宮口が全開になってました!

ちなみに、陣痛中の内診はめちゃくちゃ痛いと聞いていたのですが、麻酔のおかげで全然痛くも痒くもなかったです。

子宮口全開〜出産

子宮口が全開になると、赤ちゃんが徐々に降りてくるので、それまでの“完全無痛”とはちょっと違った感覚でした。

デッカイ頭が股に挟まっていて、骨盤が徐々に開く、なんとも気持ちの悪い感じ。

その変な感覚が、私にはちょっとだけ鈍〜い痛みに感じました。

まあ、痛みといっても、声をあげるほどじゃないんですが。

そして、旋回異常もなく超順調にお産は進んで、子宮口が全開になってから約5時間後にいよいよ分娩室に移りました!

この時の感覚は、痛みはないけど「もう産まれそう〜!!」みたいな感覚はしっかり残ってて、力むタイミングも分かるし、しっかり自分で力むこともできました。

ただ、私はその後、赤ちゃんの心拍が落ちてきてしまっているということで吸引分娩に。

4度の吸引後、無事に赤ちゃんは産まれてきてくれました。

陣痛開始から出産まで、トータルにかかった分娩時間は約21時間。初産としてはごくごく一般的な長さだと思います。

赤ちゃんもスーパー元気いっぱいでした。

産後

産後、切開した部分の縫合も、麻酔が効いているので大きな痛みは感じませんでした。(引っ張られているような感触はありましたが)

吸引だったこともあり、少し大きめに切開していたので、その傷の痛みは正直ありましたが、ロキソニンを飲めば平気な程度の痛みでした。

また、麻酔用のカテーテルは、出産の翌日に抜きました。

実はこのカテーテル、そうめんくらい細くて柔らかいものなので、無麻酔で抜いても痛みどころか、なにも感じることはありませんでした。

無痛分娩をやってみて感じたメリット

やはり、痛みを感じずに出産できるというのは素晴らしいと思います!

経験するまでは「無痛=何も感じずに生まれる」みたいなイメージでしたが、陣痛の痛みこそないものの、赤ちゃんが徐々に降りてきているのも感じられるし、しっかり自分の意思で力むことができるし、想像以上に『自分で産んだ感』がしっかりあって、大満足です。

また、陣痛中(2分間隔!)の最中に食事をとったり、うたた寝したり、家族に連絡ができたのも無痛分娩だったからこそ。

陣痛中は夫が仕事で立ち会えず、基本一人でしたが、励ましのLINEをもらったり、それを読んで返信する元気もあったりして、全然孤独感は感じませんでした。

無痛分娩をやってみて感じたデメリット

基本的には大満足のお産でしたが、一つデメリットをあげるなら、「痛みが少ない分、力みが弱かったかも?」という反省はあります。

子宮口が全開になってからは、しっかり力んでOKなのですが、なにせ痛みがないので、ぜーんぜん力まず過ごしてしまったんですw。(というか、全開になったら力んでOKというのを助産師さんに教えて欲しかった!)

それでも、赤ちゃんは自然に降りてきてくれて、5時間後に出産となりましたが、もし全開になってからしっかり力んでいたら、もうちょっと早く産めたのかな?と思っています。

無痛分娩だと愛情がわかない???

よく「お腹を痛めて産んでこそ愛情が湧く」なんて言いますよね。

でも、あれは絶対に嘘!無痛で産んでも、愛情が溢れすぎて困っちゃうくらい、子供の存在は愛おしくてしょうがありません。

むしろ、こんなに愛おしい存在を痛みなく産めるなら、5人でも10人でも産みたい!って感じですw。

あと、母乳の心配をされる方もいると思いますが、こちらも全く問題ありません。

私は出産時の出血が多めで、貧血があったこともあって産後しばらくはミルクでしたが、産後2週間くらいには十分な量の母乳がでて、今も無事に完母で育てられています。

家族にはどう話す?反対はあった?

実は、無痛分娩を勧めてきたのは、私の両親なんですw。

子供の頃から痛みに弱い私を知っていた両親からは、無痛分娩が世間一般になりだした20年くらい前から「無痛分娩があるから大丈夫よ!」なんて言われていました。

夫も「わざわざ痛がる必要なんてない派」だったので、まったく揉めなかったです。

夫の家族には産まれてから無痛だったことを話しました。

特に隠していた訳ではないのですが、産む前に相談して反対されて、変な罪悪感を抱きながら出産に望むのは嫌だったので。

それに、産後はみんな赤ちゃんに夢中になっていたので、産み方にアレコレ言ってくる人は一人もいませんでした。

唯一、出産前に無痛にすることを話した友人(つい最近出産したばかり)には「普通に産んだら?」と無痛に否定的な意見を言われましたが、産後に私が無痛の素晴らしさを熱弁したら「次は絶対に無痛にする!」と、すっかり考えが変わってましたw。

良い病院を見分けるポイント

死亡事故の訴訟も話題になってたりして、無痛分娩に怖さを覚える人も多いと思います。

そこで重要なのが、病院選び。

無痛分娩の実施件数や、急変時に対応できる医師が常駐しているのかはとても重要なポイントです。

私の場合、最終的に無痛にすると決断できたのは、医師から誤注の可能性や、その場合の対処方法についてもしっかりと説明があったからです。

麻酔による危険性もしっかりと理解している医師なら大丈夫だろうと思い、無痛分娩をする決意を固めました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました