成長に合わせた遊びで脳を育てる!【0〜3ヶ月ベビー】にオススメの遊び

育児

成長に合わせた遊びが脳を育てる!

生まれた時は目すら開けられない赤ちゃんも、生後3ヶ月にもなると目で物を追い、声を出し、物を掴み、人の顔を認識し…と、驚くほどの成長を遂げます。

きっとこの頃の成長って、長い人生の中でもトップクラスに脳が刺激を受けて、爆発的に発達を遂げる時期なんだと思います。

赤ちゃんの成長は「上から下に」と言われていて、

  • 目が見えるようになる
  • 耳が聞こえるようになる
  • 声を出せるようになる
  • 首がすわる
  • 手が自由に動く
  • 寝返りができるようになる(下半身の筋肉の発達)

という感じでできることが増えていきます。

そんな時期に子供の成長に合った遊びをしてあげることは、爆発的な成長をさらに躍進させることになるので、とっても重要なんです。

0ヶ月ベビーにオススメの遊び

生後0ヶ月の新生児期は、赤ちゃんと遊ぶことよりも、とにかく母体を休めることを優先していました。

ただでさえ出産後休むことなく始まる頻回授乳で体はボロボロの時期。

ここできちんと体を整えておかないと、その後長〜く続く育児に耐えられなくなってしまいます!

また、この頃の赤ちゃんは、【ミルクを飲む⇄寝る】をひたすら繰り返すだけで、正直、遊ぶ時間はほとんどありません。

なので、赤ちゃんが寝たら、私もすかさず寝るようにしていました。

ただ、この頃から「お世話する際の声かけ」はするようにしていました。

「ミルクにしましょうねー」

「オムツ変えますよー」

「お風呂あったかいねー」

みたいな感じで。

ぶっちゃけ、人生の中で今まで小さい子供とほとんど触れてこなかったので、子供に何を話しかければ良いのか全然分からず、「声かけとかできるかな…」と不安に思っていたのですが、こんな風に簡単な声かけをするうちに慣れてきて、今ではノンストップで声かけができるまでに鍛えられました。

声かけひとつにも、得意不得意ってあると思います。

でもそんな些細なことも、子供と一緒に成長していけば良いんだと思います。

また、まだ目がよく見えない赤ちゃんにもきちんと声かけをすることで、親が近くにいることを認識させ、安心感を与えられるんじゃないかと思っています。

1ヶ月ベビーにオススメの遊び

1ヶ月になると、徐々に起きている時間が長くなってくるので、この頃から絵本の読み聞かせを始めました。

この頃の赤ちゃんはまだ視力がそんなに発達してないので、目線を合わせてくれることってほとんどなくて、たいがい部屋の隅とか、「どこ見てんの?」って方向を見ていたりするのですが、不思議と絵本を見せるとジーっと絵本に夢中になっていて、珍しく視線が釘付けになっていたのが印象的でした。

実は、この頃の赤ちゃんは視覚に関する脳の機能がモーレツに発達している時期なので、そういう時に絵本などで適度な刺激を与えてあげることはとても良いことなのだそうです。

この頃、私が読み聞かせていた本は、「にこにこ」「あかあかくろくろ」の2冊です。

どちらも原色が多く使われている赤ちゃん向けの絵本。

絵もシンプルなので、1ヶ月の赤ちゃんにはちょうど良い刺激になります。

言葉もオノマトペが多いので、抑揚をつけて読んであげるととても楽しそうにしています。

絵本も厚紙素材で丈夫、表面にもツルツルとした加工がしてあるので、ヨダレだらけの手とかで触っちゃうようになっても汚れにくく、丈夫で長持ちします。

2ヶ月ベビーにオススメの遊び

2ヶ月頃になると、人の目を見て笑ってくれることも増えるので、一段と遊ぶのが楽しくなりました。

今まで通り、絵本に加えて、音にも反応するようになるので、シャカシャカと音の出るおもちゃにも興味を示すようになりました。

まだそこまで器用ではありませんが、徐々に物をつかむ練習をし始めるので、指を絡めて遊べて音の鳴るラトルはこの頃から大活躍でした。

3ヶ月ベビーにオススメの遊び

3ヶ月になると、あらゆることに興味を示すようになり、驚くほど遊ぶのが上手になったので驚きました。

2ヶ月の頃はグーでパンチするだけだったり、指を絡めるだけだったラトルも、自分で持ってブンブン振って遊んだりするようになりますし、絵本を読み聞かせれば自分でページをめくろうとしたりもしました。

あと、この頃からよくするようになった遊びといえば、

  • 鏡を見せる
  • いないいないばあ
  • タオルをパタパタしたり、一瞬顔にかけて目隠ししてみたり(窒息に気をつけながら)
  • 童謡を歌う

など。

今まで以上にいろんなことに反応してくれるようになったので、あやし甲斐があって、遊ぶのがとっても楽しくなりました。

ただ、2〜3時間起きてくれるようになったぶん、遊んであげる親の体力の問題も…w

なので、しんどい時は童謡のCDを流しながら(私は口パク)子供の手足を動かしたりしていました。

英語教育はいつから?

できるなら、子供の頃から外国語にも触れて、あわよくば英語を喋れる子になってほしい…

という希望を持つ親は少なくないと思います。

私自身、英語はとっても苦手なので、こんな苦労や惨めな思いを子供にして欲しくないという思いは人一倍強いです。

とはいえ、親が喋れもしない英語をどう教えたら良いものか…悩みますよね。

なので、とりあえず今は、「ディズニーの英語システム」の資料請求をした時にもらったサンプルCDを聞かせてあげています。

もちろん、英語を喋れるようになるには本格的な勉強が必要ですし、本人のやる気も重要だと思います。

でも、もしも子供が将来「英語を習得したい!」と思った時に、少しでも英語に対するアレルギーを減らしてあげられたらいいな…という願いを込めて、今は英語に触れることを楽しんでもらえるようにしています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました