ハーブっぽい独特の香りが苦手?ルイボスティーのフレーバーをいろいろお試ししてみた!

不妊治療

妊活中からお世話になっているルイボスティー

自己流での妊活を始めた時に準備したものというと、

  • 基礎体温計
  • 排卵検査薬
  • 葉酸サプリ

など、いろいろあるのですが、中でもずーっとお世話になっているものといえば、「ルイボスティー」です。

妊活を始めた頃はまだまだ料理も上手じゃなくて、野菜たっぷり&栄養豊富なご飯を毎回作るのはしんどかったし…、仕事も忙しくて睡眠時間など生活スタイルを大きく変えることも難しかったのですが、「お茶なら煮出すだけ!楽チン!!」ということで、以来ずっと我が家ではルイボスティーが常備されています。

妊活にはなぜルイボスティーなのか

“妊活に良い”と言われるルイボスティー。

私は妊活中ずっと飲んでいましたが、妊娠までに5年、体外受精も経ての妊娠だったので【ルイボスティーを飲んだからって妊娠するわけじゃない】というのが実感です。

ただ、他のお茶を飲むよりもルイボスティーを飲んだほうが安心できるポイントも多かったので、ずっと愛飲していました。

なにより、美味しいですし!

ということで、なぜルイボスティーが妊活に良いと言われているのか、そのポイントをまとめました。

カフェインレスではなく“ノンカフェイン”

カフェインは妊娠初期に摂りすぎると、胎児に先天性の異常が出ることが報告されている成分の一つです。

とはいえ、少量なら問題ないのですが、やはり“念のため”、“後々後悔しないため”に妊活中からカフェイン断ちを心がける人は多いと思います。

今では緑茶や紅茶など、普通ならカフェインが含まれている飲料のカフェインをカットした「カフェインレス」の商品も数多く販売されていますが、これらはあくまでも【含まれているカフェインを極力取り除いたもの】です。

一方、ルイボスティーはそもそもの茶葉にカフェインが含まれていない、【正真正銘のノンカフェイン】なのが他との大きな違いです。

カフェインはコーヒー、緑茶、紅茶の他にも、烏龍茶、ココアなど幅広い飲料に含まれているので、カフェインの含有量がよくわからないものを飲むよりは、「ルイボスティーを選んでおけば間違いない」というのは大きな安心ポイントですよね。

事実私は、妊活中も気にせずコーヒーを飲んでしまっていたのですが、初めてカフェイン断ちをした周期にようやく移植に成功し、妊娠することができたので、「やっぱりカフェインってダメなんだなー」と身をもって実感しています。

栄養豊富

南アフリカ原産のルイボスは、一般的なお茶の木の5〜10倍近く、地中深くに根を張る植物です。

そのため、大地の栄養を豊富に吸収していて、現地でも健康茶として親しまれています。

カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富で、しかもノンカロリーなので、美容や健康に気づかう人には嬉しいことづくめです。

アンチエイジングや抗酸化作用にも期待

抗酸化作用を期待できるSOD酵素や、活性酸素除去効果が期待でき、若返りのお茶としても知られているルイボスティー。

【卵子の老化】が知られるようになった昨今、妊活中の女性にとって若返り効果は聞き逃せないポイントだと思います。

卵子若返りのためにプラセンタを摂るのも良いですが、ルイボスティーならもっと手軽に、そして安く続けることができますよね。

整腸作用

ルイボスティーには腸内環境を整え、便秘解消に効果があると言われています。

妊活中はお腹を気遣うあまり、トイレでいきむのが怖くなったり、そのせいで便秘になったりしちゃうものです。

そんな時も、ノンカフェインのお茶で改善が期待できたら言うことなしですよね。

ガブ飲み用にオススメなのは「ティーライフ」

私が普段、冷蔵庫にストックしているのは、「ティーライフ」で購入したルイボスティーです。

ティーバッグ1個2g入りなのですが、たった1個で2.5L入りのヤカンでも十分すぎるくらい色がしっかり出てくれます!

以前はスーパーで30個入り600円くらいのものを買っていましたが、これは100個入りで1,000円!

我が家では夫がとにかくお茶を飲むので、毎日最低1回は沸かしているのですが、これだけコスパが良いと、家系も大助かりです。

ルイボスティーはメーカーによって、茶葉をたっぷり入れても味・香りが全然でないものもあったりするので、“しっかり色が出るか”というのは選ぶ上ですごく重要なポイントです。

また、ティーライフのルイボスティーは煮出しの他、水出しでも使えるので、シーズン問わず作りやすいです。

ルイボスティーの香りが苦手な人に!【フレーバールイボスティー】

ルイボスティーって

  • 紅茶みたいな渋みがない
  • ほのかな甘みを感じるようなまろやかさ(ノンシュガー&ノンカロリーですが)
  • ほのかなハーブっぽい香り(ハーブティー苦手な私でも飲めるくらい、本当にわずかな香りです)

というのが味・香りの特徴だと思います。

私も夫も、最初っからOKな味でしたし、親戚の子供も平気でガブガブ飲んでいるので、お茶の中でも特にクセの少ない部類に入るんじゃないかと思います。

ただ私は、妊娠後のつわり期間中にこのルイボスティーの独特な香りがダメになってしまった時期がありました。

その時に初めて、このほのかなハーブっぽい香りを苦手に感じてしまったんです。

この時の私のように、きっと世の中には「香りに敏感でルイボスティーを受け付けない」という人もいるんだろうなと思いましたし、普段平気で飲んでいるけど「たまに飽きちゃう」という人も少なくないと思います。

そんな時にオススメしたいのが、フレーバールイボスティーです!

フレーバーティーというと、紅茶が真っ先に思いつく人がほとんどだと思いますが、なんとルイボスティーでも同じようにフレーバー商品が登場していたなんて、驚きですよね!

私が今回購入したのは、ノンカフェイン飲料専門店「H&F BLEX」のフレーバールイボスティーです。

フレーバーの異なるルイボスティーが10パック入っていて、そのラインナップは

 

  • アールグレイシトラス
  • スーパーフルーツ
  • ラズベリーリーフ
  • ブリスフルブラックカラント
  • スリーピータイム
  • シェリーオレンジ
  • クリーミーバニラ
  • グリーンルイボス
  • ピュアルイボス
  • ハニーブッシュ

と、めちゃくちゃ豊富!

これ、本当に全部ルイボスティーなの!?と驚いちゃうようなフレーバーばかりですよね。

香りのクセ少なめで飲みやすい!

では、実際に飲んでみた感想です!

私は香りの好みがはっきりしているタイプで、フレーバー紅茶でも香りが強すぎるものだったり、スースーするハーブ系のものは全く飲めなかったりするのですが、今回お試しした10種類はどれも香りが穏やか!

確かにフレーバーは付いていますが、そこまで主張する香りではないので、むしろルイボスティー独特の香りがコーティングされてすごく飲みやすくなっていました。

私的にオススメだったフレーバーは

  • ハニーブッシュ(ほのかな甘みを感じるまろやかな香り)
  • アールグレイシトラス(すっきりした後味でミルクとの相性最高!)

の2つです。

というか、個人的にミルクティーが好きなので、ミルクとの相性が良いフレーバーが飲みやすくて好みでした。

普段飲んでいるティーライフのものよりも、色の出はそこまで良くないですが、逆にマグカップ1杯分を作るのにはちょうど良い濃さでした。

(ティーバッグをずっとお湯に入れたままでも、渋みやエグミがでないのもルイボスティーの良いところですね!)

1箱20パック入り900円だから、気分転換にオススメ

今回私が購入した違うフレーバーが10種類入ったティーバッグセットは1箱2,000円とお高めなのですが、フレーバーごとの20パックセットなら1箱900円とお手頃価格です!

さらに、

2箱セット→1,710円(5%OFF)

3箱セット→2,430円(10%OFF)

5箱セット→3,825円(15%OFF)

 

と、まとめ買いで割引特典を受けることもできます。

まとめ買いすれば1杯あたり38円〜とお手頃なので、1日1杯の気分転換や癒しの一杯用としては続けやすい価格ですよね。

フルーツインティーや穀物茶もノンカフェイン

ノンカフェイン飲料専門店の「H&F BLEX」には、フレーバールイボスティーのほかにも、

 

  • ドライフルーツが入ったフルーツインティー(30g入り450円)
  • ハーブブレンドティー(20パック入り900円)
  • とうもろこし茶、黒豆茶、発芽玄米茶など穀物茶(20パック入り720円)

と、様々な種類のお茶がお手頃価格で揃っています。

しかも、どれを選んでもノンカフェインという安心感!!!

妊活中、妊娠中はノンカフェインしか飲めるものがなく、選択肢がない中で“ちょっとした一杯”の楽しみも失われがちですが、これだけノンカフェイン飲料がたくさんあれば、これまでと変わらないお茶タイムを楽しむことができますね。

豊富な商品ラインナップは、ぜひ「H&F BLEX」の公式サイトでチェックしてみてください。

6,000円以上の購入で、送料も無料になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました